SOERU誕生の理由

理想的な睡眠に欠かせない「寝返り」と「姿勢のコントロール」の両立を、1つのマットレスで実現したい

SOERUは、「寝返り」と「姿勢のコントロール」という、従来のマットレスでは両立が難しかったこの2つの要素を、「支点を”そえる”」という新発想をもとに製品の開発を進めてきました。ツインハニカム型のSOERUパッドを使用することで、体格やお悩みに合わせて位置を調節し、パッドが体を支える「支点」となって、快適な寝姿勢を保ちながら自然な寝返りをサポートします。あなたの体にそっと手をそえるように心地良い眠りを提供します。

CONCEPT 1.

さまざまな効用をもつ
”寝返り”が快眠の決め手

睡眠中にずっと同じ姿勢でいると、血流の悪化や筋肉の硬直が起こり、腰や肩などの痛みの原因となることがあります。寝返りは、こうした体の負担をやわらげる大切な生理現象。体温や温度を調節して快適な睡眠環境を保つ役割も果たします。うまく寝返りが打てないと、余計な筋力を使うことになり、脳が覚醒して熟睡のさまたげに。耐圧を効果的に分散させながらスムーズな寝返りを促すことが、良質な睡眠、さらには疲労回復や血行不良の改善につながります。

CONCEPT 2.

“寝姿勢をコントロール”
することで体への負担を減らす

我々が理想の睡眠を実現する上で、「立っている時に近い寝姿勢」を維持することが重要とされています。
厚労省によれば、睡眠時の体への負担を少なくするために、腰部S字カーブとマットレスの間にある程度すき間を作ることが重要。柔らかすぎるマットレスでは、腰部と胸部が深く沈みこんでS字カーブのすき間が大きくなり、眠りにくいだけでなく腰痛の原因にもなります。
一方、マットレスが硬すぎても骨にあたって痛みが生じ、血流が妨げられてしまうため、快適な睡眠ができません。
したがって、その人の体格や症状に合わせて寝姿勢をコントロールすることで、睡眠中、体にかかる負担を最小限に減らし、より質の高い睡眠を目指すことができます。